*

ターファイトクラブ夏ツアー1日目

      2019/08/11

馬産地直結型クラブ『ターファイトクラブ』が開催する夏ツアーに参加しました。
ターファイトクラブは、北海道日高地区を中心とした44の生産牧場により運営されています。
https://www.turfight.com/

参加といっても、ツアーバスで行動を共にしたわけではありません。
今回はビジネス的な視察の意味も含んでいましたので、弊社一行は自家用車にてツアーへ追従する形を取りました。

まず訪れたのは、静内の市場。
今回の出資対象となる競走馬を1頭ずつお披露目されていきます。
その後はそれぞれの馬を目の前でじっくり観察できる時間が設けられていました。
目と鼻の先で競走馬の毛艶や顔つきを吟味できる時間帯ともあって、出資を考えている一口馬主の方々は大いに楽しまれていたようです。記念撮影をできる時間もあり、そちらには私も参加させていただきました。

 

 

「触ってみてください」と促され、そっとサラブレッドに触れてみます。
馬を触ったのは、幼少期にポニーへ乗ったとき以来でしょうか。
初めて触れたサラブレッドは思っていた以上に筋肉質で、思わず感動してしまいました。
これほど近い距離で馬と触れ合うことができましたので、顔つき、足の太さ・長さ、筋肉のつき方、腹回りの筋肉や内臓の位置……どれも馬によって特徴や位置が異なることが、素人ながら理解できました。
しかしながら、私は決して競走馬に明るいわけではありませんので、他の方々が何を決め手に投資先を決められているのかまでは定かではありません。どちらにせよ、全員にとって有意義な時間であったことには間違いありませんでした。

 

 

夕食は自治会館にて懇親会。
ターファイトクラブのような営利団体が、こうした自治体の場を利用することができるのも、すべては日高地方が馬産地を全面的にバックアップしているからこその強みかもしれません。
私は2次会まで混ぜていただいた後、別荘のある苫小牧へと戻りました。

 -

  関連記事

谷川牧場さんの馬たち

谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、

ダーシャンとボート釣り

ボート釣り

あいにくの悪天候のため、予定していた飛行機でのフライトは中止。代わりに、ボートでサーモン釣りへ出かけ

さんふらわあふらの、苫小牧到着

おおよそ丸1日。約19時間の船旅を経て、ようやく苫小牧港への上陸を果たしました。やはりフェリーでの船

水飲み場の馬たち

馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

Fort Braggの海外線サイクリング

  ノースカロライナ州、Fort Braggの海岸線をサイクリングしてきました。 自転車については、

羽田からオスロ空港へ移動

出張に有給休暇をプラスして、有意義に余暇を過ごす “Bleisure(ブレジャー)&#8

ダーシャンの自家用飛行機

Fort Bragg Airport(プライベート空港)、Cessna182

ダーシャンの自宅には、自家用空港が用意されています。この自宅兼プライベート空港の『Fort Brag

オスロ空港で夜を明かす

乗り継ぎの都合上、翌朝の便(オスロ-トロムソ)まで、空港内で夜を明かすことになりました。 予約時点で

St. Ingbertの街を散歩

St. Ingbert(ザンクト・イングベルト)散歩

この日は19時より、Key-Systems社Deputy Head of SalesのAnushaと

競走馬の産地探訪の旅、二重間道路桜並木

一度別荘へ腰を落ち着けたのちは、本来の目的地を目指します。   今回は競走馬の産地探訪のため、そして

水飲み場の馬たち
馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

谷川牧場さんの馬たち
谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、

ターファイトクラブツアー2日目
ターファイトクラブ夏ツアー2日目

苫小牧の別宅を出発したのは、朝6時台のこと。3時間ほどのドライブを経て、9時には浦河町の集合場所へ合