*

ターファイトクラブ夏ツアー2日目

      2019/08/11

苫小牧の別宅を出発したのは、朝6時台のこと。
3時間ほどのドライブを経て、9時には浦河町の集合場所へ合流することができました。
この日は前日の後半同様、各牧場の周遊と競走馬視察です。

残念ながら、あいにくの曇天模様。
ですが気温は比較的過ごしやすく、周遊中は時折晴れ間ものぞいてくれました。

 

 

この日印象的だったのは、興奮して暴れてしまう馬がいたことでしょうか。
私たちのようなツアー客にじっと見つめられることが、今までにほとんどなかったためでしょう。
とつぜん多数の人間が押しかけてきた上、じっと観察される……考えてみればもっともな話です。
ですが、その興奮具合は凄まじいもので、大人2人がかりでも制止するのがやっとというほど。
馬の筋肉から繰り出される力の大きさには驚かされましたね。

視察ツアーは14時頃に終了。
ツアーバス2台と私たちはここで別行動となるため、一足早く牧場を後にしました。

 -

  関連記事

ターファイトクラブツアー、馬と共に

ターファイトクラブ夏ツアー1日目

馬産地直結型クラブ『ターファイトクラブ』が開催する夏ツアーに参加しました。ターファイトクラブは、北海

Fort Braggの海外線サイクリング

  ノースカロライナ州、Fort Braggの海岸線をサイクリングしてきました。 自転車については、

さんふらわあふらの、苫小牧到着

おおよそ丸1日。約19時間の船旅を経て、ようやく苫小牧港への上陸を果たしました。やはりフェリーでの船

谷川牧場さんの馬たち

谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、

ダーシャンの自家用飛行機

Fort Bragg Airport(プライベート空港)、Cessna182

ダーシャンの自宅には、自家用空港が用意されています。この自宅兼プライベート空港の『Fort Brag

競走馬の産地探訪の旅、二重間道路桜並木

一度別荘へ腰を落ち着けたのちは、本来の目的地を目指します。   今回は競走馬の産地探訪のため、そして

水飲み場の馬たち

馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

オスロ空港で夜を明かす

乗り継ぎの都合上、翌朝の便(オスロ-トロムソ)まで、空港内で夜を明かすことになりました。 予約時点で

北の大地に向けて出発、さんふらわあふらのに乗船

ゴールデンウィークの中日。北海道胆振地方苫小牧に構えている別宅へ向かうため、大洗港~苫小牧港間を“フ

羽田からオスロ空港へ移動

出張に有給休暇をプラスして、有意義に余暇を過ごす “Bleisure(ブレジャー)&#8

水飲み場の馬たち
馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

谷川牧場さんの馬たち
谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、

ターファイトクラブツアー2日目
ターファイトクラブ夏ツアー2日目

苫小牧の別宅を出発したのは、朝6時台のこと。3時間ほどのドライブを経て、9時には浦河町の集合場所へ合