*

ボート釣り

      2019/07/30

あいにくの悪天候のため、予定していた飛行機でのフライトは中止。
代わりに、ボートでサーモン釣りへ出かけることにしました。

 

 

しかしながら、空が天候不良ということは、陸や海も同じく荒れているということ。
案の定、海は大しけです。
結局、荒波の中をヤマハのエンジン全開で突き進むことになってしまいました。

 

 

ダーシャンはといえば、一般的なアメリカ人らしい感性で、パワー押しでガンガン行くのが好きな様子。
その強引さといったら、1~2メートル級の波を終始ジャンプしながら、跳ねるようにして前へ進んでいくという始末。
もはやジェットコースターなど比べ物にならないほどの迫力を味わう羽目になりました。

残念ながら、私は普段から乗り物酔いしやすいほうです。
そのため、あらかじめ酔い止めを服用してはいたものの、このレベルになってしまうと、もはや薬など意味を成しません。
恐怖を通り越して、最終的には笑うことしかできなくなっていました。

 

 

夕食時、ダーシャンと同じテーブルを囲みながら、
「今日は非常にいい経験ができた。
 私はこの先、自分のためにボートを購入することはないだろうね」
と伝えると、彼は大いに笑っていました。

フェリーでも台風などの低気圧時には酔いやすいため、どうやら海の乗り物は苦手なようです。
飛行機であれば、ジャンボ機の大揺れも、小型機の小刻みな揺れも大丈夫なのですが……。
これは、若いころに訓練した成果でしょうか。

 -

  関連記事

ターファイトクラブツアー、馬と共に

ターファイトクラブ夏ツアー1日目

馬産地直結型クラブ『ターファイトクラブ』が開催する夏ツアーに参加しました。ターファイトクラブは、北海

競走馬の産地探訪の旅、二重間道路桜並木

一度別荘へ腰を落ち着けたのちは、本来の目的地を目指します。   今回は競走馬の産地探訪のため、そして

ドイツ伝統料理屋でのディナー

ドイツ伝統料理屋でのディナー

Key-Systems社のAnushaに連れられ、この地域が誇るというレストランを訪れました。 この

St. Ingbertの街を散歩

St. Ingbert(ザンクト・イングベルト)散歩

この日は19時より、Key-Systems社Deputy Head of SalesのAnushaと

北の大地に向けて出発、さんふらわあふらのに乗船

ゴールデンウィークの中日。北海道胆振地方苫小牧に構えている別宅へ向かうため、大洗港~苫小牧港間を“フ

水飲み場の馬たち

馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

ダーシャンの自家用飛行機

Fort Bragg Airport(プライベート空港)、Cessna182

ダーシャンの自宅には、自家用空港が用意されています。この自宅兼プライベート空港の『Fort Brag

釣り竿入手

霧の濃いゴールデンゲートブリッジをようやく抜け出し、サンフランシスコ北部の釣具店へ。 ダーシャンいわ

羽田からオスロ空港へ移動

出張に有給休暇をプラスして、有意義に余暇を過ごす “Bleisure(ブレジャー)&#8

さんふらわあふらの、苫小牧到着

おおよそ丸1日。約19時間の船旅を経て、ようやく苫小牧港への上陸を果たしました。やはりフェリーでの船

トヨタのクルーガーハイブリッド
クルーガーハイブリッドの暖房効かない

私の愛車は、トヨタのクルーガーハイブリッドです。     車自体は気に入っているのですが、近所に出か

水飲み場の馬たち
馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

谷川牧場さんの馬たち
谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、