*

Fort Bragg Airport(プライベート空港)、Cessna182

      2019/07/24

ダーシャンの自宅には、自家用空港が用意されています。
この自宅兼プライベート空港の『Fort Bragg Airport』は、5人で共同所有しているもの。
https://skyvector.com/airport/82CL/Fort-Bragg-Airport

ですが、アメリカでもこうした自家用空港はそうポピュラーなものではありません。つまり……この規模の空港を趣味で持っているダーシャンはいわゆる『変わった人』といっても過言ではないでしょう。

 

 

日本でも、自家用空港は北海道辺りには結構あったりしますが、それも農業用や業務向けがほとんど。
本当の意味でプライベートなAirportを持っている人は少ないでしょう。

ダーシャンご自慢の機体は、Cessna182のTailGear。
後輪に舵があるタイヤが付いている機体の中でも有数のハイパフォーマンス機です。
馬力が高く、それは見事な飛行を見せてくれるとのこと。

ですが残念なことに、この日はかなり曇り気味。
終日「ガスっている」日となってしまい、飛ぶことができませんでした。

 -

  関連記事

北の大地に向けて出発、さんふらわあふらのに乗船

ゴールデンウィークの中日。北海道胆振地方苫小牧に構えている別宅へ向かうため、大洗港~苫小牧港間を“フ

釣り竿入手

霧の濃いゴールデンゲートブリッジをようやく抜け出し、サンフランシスコ北部の釣具店へ。 ダーシャンいわ

Fort Braggの海外線サイクリング

  ノースカロライナ州、Fort Braggの海岸線をサイクリングしてきました。 自転車については、

羽田からオスロ空港へ移動

出張に有給休暇をプラスして、有意義に余暇を過ごす “Bleisure(ブレジャー)&#8

水飲み場の馬たち

馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

谷川牧場さんの馬たち

谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、

競走馬の産地探訪の旅、二重間道路桜並木

一度別荘へ腰を落ち着けたのちは、本来の目的地を目指します。   今回は競走馬の産地探訪のため、そして

ターファイトクラブツアー、馬と共に

ターファイトクラブ夏ツアー1日目

馬産地直結型クラブ『ターファイトクラブ』が開催する夏ツアーに参加しました。ターファイトクラブは、北海

ターファイトクラブツアー2日目

ターファイトクラブ夏ツアー2日目

苫小牧の別宅を出発したのは、朝6時台のこと。3時間ほどのドライブを経て、9時には浦河町の集合場所へ合

ダーシャンとボート釣り

ボート釣り

あいにくの悪天候のため、予定していた飛行機でのフライトは中止。代わりに、ボートでサーモン釣りへ出かけ

水飲み場の馬たち
馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

谷川牧場さんの馬たち
谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、

ターファイトクラブツアー2日目
ターファイトクラブ夏ツアー2日目

苫小牧の別宅を出発したのは、朝6時台のこと。3時間ほどのドライブを経て、9時には浦河町の集合場所へ合