*

羽田からオスロ空港へ移動

      2019/05/14

出張に有給休暇をプラスして、有意義に余暇を過ごす “Bleisure(ブレジャー)” という福利厚生が、欧州ではスタンダードなものとして定着しています。
“Business(仕事)” + “leisure(余暇)” を掛け合わせた造語なのだとか。

場合によっては出張先に家族を同行させることも認められているそうです。この場合、もちろん家族の旅行費用は自費負担にはなりますが、非常に合理的ですね。

良いものは積極的に取り入れたいものです。
世界的傾向に則って、私もBleisureを楽しんできました。

まずは羽田を発ち、ノルウェー王国の首都にあるオスロ・ガーデモエン空港へ向かいます。

 -打ち合わせ,

  関連記事

ターファイトクラブツアー2日目

ターファイトクラブ夏ツアー2日目

苫小牧の別宅を出発したのは、朝6時台のこと。3時間ほどのドライブを経て、9時には浦河町の集合場所へ合

ダーシャンとボート釣り

ボート釣り

あいにくの悪天候のため、予定していた飛行機でのフライトは中止。代わりに、ボートでサーモン釣りへ出かけ

オスロ空港で夜を明かす

乗り継ぎの都合上、翌朝の便(オスロ-トロムソ)まで、空港内で夜を明かすことになりました。 予約時点で

ダーシャンの自家用飛行機

Fort Bragg Airport(プライベート空港)、Cessna182

ダーシャンの自宅には、自家用空港が用意されています。この自宅兼プライベート空港の『Fort Brag

さんふらわあふらの、苫小牧到着

おおよそ丸1日。約19時間の船旅を経て、ようやく苫小牧港への上陸を果たしました。やはりフェリーでの船

北の大地に向けて出発、さんふらわあふらのに乗船

ゴールデンウィークの中日。北海道胆振地方苫小牧に構えている別宅へ向かうため、大洗港~苫小牧港間を“フ

ICANN Meeting 64 Kobe ボードセッション

『ICANN Meeting 64 Kobe』で実施されたボードセッションを拝見しました。 ITに精

釣り竿入手

霧の濃いゴールデンゲートブリッジをようやく抜け出し、サンフランシスコ北部の釣具店へ。 ダーシャンいわ

競走馬の産地探訪の旅、二重間道路桜並木

一度別荘へ腰を落ち着けたのちは、本来の目的地を目指します。   今回は競走馬の産地探訪のため、そして

水飲み場の馬たち

馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

水飲み場の馬たち
馬は序列順で水を飲む

谷川牧場の放牧地で、オーナーの谷川さんからとある知識を教えていただきました。 いわく、馬にはそれぞれ

谷川牧場さんの馬たち
谷川牧場を訪問

ターファイトクラブのツアー後、事前にお約束をしていた谷川牧場さんを訪れました。谷川牧場さんといえば、

ターファイトクラブツアー2日目
ターファイトクラブ夏ツアー2日目

苫小牧の別宅を出発したのは、朝6時台のこと。3時間ほどのドライブを経て、9時には浦河町の集合場所へ合